高須クリニック公式グッズがシュールすぎる!高須クリニック美容整形価格の秘密とマネーロンダリング



高須クリニック院長の謎


高須クリニックは開業当初から30年近く赤坂で営業をしています。

そしてその30年間、高須クリニックは施術料金を1円も変えていないそうです!
「周りに左右されずに、頑固に値段を変えずにいると、信用が生まれる。」と高須院長は語っています。確かに安価なクリニックが乱立する今、高須クリニックは少し強気な価格設定ですよね。

高須院長は2011年に私財を基金として財団を設立し、パプアニューギニアに学校を設立したり、フィリピン台風の際には1万ドルを寄付したと発言しています。

その後フィギュアスケート安藤美姫選手のスポンサーとして名乗り出たり、「小顔にしてください」とリクエストしたソチ五輪アイスホッケー日本代表女子選手全員に1人あたり合計60万円のエラボトックス注射を全員に無料で施術すると約束したそうです。アイスホッケーは力のいる競技のため、女子選手は戦っている時常に歯を食いしばるので普通の人よりもエラが張ってしまうらしいです。

高須クリニックのエラボトックスは1回15万円です!エラボトックスは3ヶ月おきに打ち直さなければなりません。
ちなみに、品川美容外科のボツリヌストキシン注入によるプチ小顔術は初回930円です(笑)

また、阪神淡路大震災や東日本大震災で被災した患者には1年間の無料治療を実施しました。

これに関して高須院長は「この世でいいことをすると、あの世に積み立てができる。あの世とのマネーロンダリングだよ」と語っています。


「誰が買うの?!」と賛否両論


高須クリニックではなんとボールペン、学習帳、クリアファイル、ポストカードなどをつくっており、ロフト渋谷店には高須クリニック専用コーナーも作られていました。
その高須グッズがシュールすぎると話題になっています。

高須れんしゅうちょう


高須ポストカード


高須クリアファイル


謎のロゴTシャツ


ネット上では

「ビンゴ大会の景品に良いかも」
「これを普段使っていたら勘違いされそう」

と賛否両論のようです。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ