逆ビリギャル!?中2で漢検一級合格したガングロカフェ店員あゆたま。さんが礼儀正しすぎると話題に!



人は見かけによらない!?

あゆたま
左側。あゆたま。さんのTwitterより

TV番組「月曜から夜ふかし」に出演した、中学二年生で漢検1級を取得したギャル「あゆたま。」さんが話題となっています。

漢字検定一級といえば、京都大学出身の秀才芸人ロザン宇治原さんでさえ二度も不合格になったほどの超難関検定。
一級の合格率は試験によっては10%を切ることもあり、1年間でたった500人ほどしか合格できないそうです。

あゆたま。さんは14歳の頃、いろいろやらかしていたため学校へ行かず社会から隔離されており、暇だったので漢字検定一級に挑戦したら受かったそう。
それと時期を同じくして秘書検定も合格しているというので、とてつもない潜在能力を秘めているギャルなのかもしれません。

爪がすごすぎる!

漢検一級ギャル

あゆたま。さんは現在、強め黒肌ギャルユニットBlack Diamondに所属し、「鬼ロングネイル」と呼ばれるスカルプネイルをしています。
ちなみにこのギャルサー、CDデビューもしています!



これだけ爪が長いと日常生活に支障をきたしそうですが、大丈夫なのでしょうか?!
ちなみに私はスカルプネイルをしているとき、ネックレスの付けはずしや床に落ちた小銭を拾うのに大変苦労しました。。

あゆたま。さんの働くガングロカフェは渋谷宇田川町にあり、意外にも外国人観光客がメインターゲットなのだとか。
ギャル店員たちに実際にメイクをしてもらい、一緒にゲームセンターまでプリクラを撮影しにいくという独自のメニューやパラパラ講習会など、イベント満載の誰でも楽しめるカフェとなっているようです。


あゆたま。さんのTwitterでは、見た目からは想像できない言葉遣いの丁寧さや聡明さが話題となっています。
これからの活躍に期待ですね!

参考元
https://twitter.com/gangurojp
https://twitter.com/sakatamagosama


sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ