整形失敗したくない!正しい美容整形外科の選び方、驚きの美容外科裏事情も!?



危ない美容整形外科に注意!

整形失敗アンチエイジング
こんなふうにならないためにも…

世の中には星の数ほど美容整形外科が全国各地に存在しています。
価格もまちまちで、行っている手術方法も様々ですが、各美容外科に共通する「失敗しない」美容整形外科の選び方を管理人がお話したいと思います。

1.症例写真はホンモノですか?

共立美容外科大宮院埋没法口コミ
(関連記事→ 【前編】共立美容外科大宮院院長埋没法ブログ!管理人が実際に体験してきました

実は、症例写真(モニター写真)は企業から買うことが出来るのです。
実際にその病院、医師が手術していないモニターにも関わらず、平然とクリニックの症例写真として載せている病院も存在します。

特に外国人(西洋人)の写真が並んでいるクリニックは、購入した写真や薬剤の営業マンが渡した写真を使っていることが多いです。
しかし、クリニックによってはプライバシーの関係上モニター写真はカウンセリングにきた患者さんのみに公開しているというところもあります。

実は私の知人の1人が都内でまつげエクステのサロンを開いているのですが、オープン前にも関わらず非常に綺麗で上手なモニター写真をHPに掲載していました。
聞くところによれば、その写真は韓国のサイトで使っているものだとか。
実際に彼女のサロンのスタッフが施術したまつげエクステの写真ではないのです。

しかし同じアジア人だと目元がそっくりのため、誰も韓国から買った写真だとは思いません。


2.写真は加工されていませんか?

フェイスリフト

たまに、手術前の写真よりも術後の写真のほうが明らかに明るかったり、髪型が工夫してあったりします。
そして、わざとモニター写真の解像度が粗く見にくいものや、小さくしか載せていないクリニックもあります。

綺麗で大きい写真にするとPhotoshopなどでの加工を見破りやすいため、あえて粗い写真を使っていたり、小さいものを使っている場合もあるのです。

美容整形での1ミリは顔の印象に大きな違いを与えます。
細部まできっちり確認して、納得のいくクリニックで手術を受けましょう。
それが後々後悔しないことにもつながるでしょう。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ