整形経験者の普段の仕事は?長いダウンタイムの暇をどうやって過ごす?



美しくなる為に必要な時間



全くダウンタイムのないプチ整形を除いて、ある程度大きく改造するときにダウンタイムはつきものです。
整形の中で一番長くかかるとされる輪郭整形のダウンタイムですが、私はラッキーなのか比較的短いダウンタイムですみました。
(関連記事→ 韓国で頬骨縮小とVライン(アゴ骨切り、エラ骨切り)輪郭整形術後1か月経過!


社会人になると美容整形のために長い期間会社を休む事は難しいですよね。
そのため、私のまわりでは大規模な美容整形(エラや顎の骨切り、二重全切開、脂肪吸引や豊胸など)は大学生時代に終わらせる人が多かったです。

社会人になってから定期的に大きな整形を繰り返している知人は、

    時間が比較的自由に使える自営業
    キャバクラ嬢、ホステス
    専業主婦
    職業愛人

をしている女性が比較的多いですね。

また工場勤務の知人曰く、工場で働く派遣社員には整形経験者がかなりいるのではないか?と言っていました。
彼女を含め、一年でお金(整形費用)を貯めて次の仕事までに整形を繰り返し、ステップアップしていく人が多いそうです。

大企業で正社員として働く知人は少ない有給をうまく使ってプチ整形を繰り返していますが、ダウンタイムが続く整形は転職活動を考えないとやはり難しいそうです。

例外として美容整形外科で受付、看護師、クラークなどとして働くと社割も使えて新しい整形技術をモニターとして受けられるのでおすすめかもしれません。
美容外科の看護師は残業も夜勤もなく、何よりお給料がとても良いそうです。
私は行きつけの美容外科に友人が就職してしまい、いつ行っても受付で会うので気まずくなって転院した経験もあります(笑)

彼女はやはり働いているうちにどんどん綺麗になっていきましたよ。

しかもその友人は年末に頬の骨削りをして1月4日から普通に出勤していました。
マスクを取らずに済む仕事は結構大規模な整形手術をしても平気かもしれません。患者さんから聞かれると「親知らず4本一気に全部抜きました」で乗り切ったそうです。

整形経験者の悩み


私は美容整形をオープンにしているため、何か言われても「整形した」と言うのですが、もちろん中には秘密にしている人もたくさんいます。秘密にしている人の方が多いですよね。
ダウンタイム中は日々の変化をまいにちカメラにおさめています。
あとから振り返ってみると、とても面白いですよ。

ネット上には
「美容整形をするたびにバイト辞めて、ダウンタイムで引きこもって、落ち着いたらまたバイト探すけど、また整形する時には辞めなきゃいけない。
やっぱり整形しなきゃ納得いかない。そして履歴書に書ける職歴もない。」
という書き込みもありました。

輪郭の骨切りをした場合は麻痺の完全回復までに半年以上かかる場合も少なくありません。

私のまわりで最近エラ、頬骨切りを同時にした友人は手術からちょうど50日経ったときに会いましたが、まだ腫れていました。
40日目に職場復帰したそうです。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ