【閲覧注意】鼻レディエッセで失明事故!プチ整形でも失敗?後遺症の原因は?【画像あり】



安全なはずのプチ整形でも事故?!



なんと、台湾でレディエッセを使い鼻を高くするプチ整形をした女性の施術が失敗。

レディエッセといえばヒアルロン酸と並び「プロテーゼに比べて安全性の高い美容整形手術」という認識の人も多いのでは?
しかし彼女は左目の視力を失い、右目もほとんど見えない状態。なんと、回復の見込みはほとんどないそうです。

台湾に住む女性は数カ月前、顔の脂肪吸引手術と、レディエッセで鼻を高くするプチ整形をしました。しかし彼女が麻酔から覚めると、左目が全く見えなくなってしまったそうです。
別の病院で治療を受けても左目の視力は回復せず、そのうち右目の視力まで悪化し、今はほとんど見えていないそうです。


安価で簡単な施術 レディエッセ

鼻が壊死
「レディエッセ」という施術は、美容整形手術では日本でもかなりメジャーで、プチ整形として人気の手術です。ハイドロキシアパタイト(カルシウム)を主成分とするゲル状の充填剤で、鼻を高くしたり、深いシワの除去などに使われています。

注射で注入するため、施術時間は数分で終わり、またヒアルロン酸注入より効果が持続します。

ヒアルロン酸は鼻にいれるとぶよぶよして違和感があるのですがレディエッセを使うとしっかりとした鼻筋が出ます。
一回の費用はおよそ8万円ほど。鼻筋や鼻の高さは入れる量にもよりますが、大体4ヶ月くらいは持続します。1年半とうたっている美容整形外科もありますが、初回は吸収部分が非常に多いため、まず無理だと思います。

もちろん、私もこの美容整形手術を受けたことが何度もあります。
(関連記事→ 【画像あり】管理人の鼻レディエッセ痛すぎる経過報告

レディエッセの危険性



鼻を高くするためにフィラー(注入物)を入れる時は注意が必要です。
レディエッセやヒアルロン酸をいれる、目と鼻を結ぶ三角地帯には血管が密集しているため、充填剤を誤って血管に注入してしまうとそれが血栓となり、周囲の組織を死滅させてしまうのだそうです。

その結果今回のような失明や、酷いときには脳梗塞を引き起こしてしまう可能性もあるそうです。周辺組織が死滅すると鼻が腐ります。

Shimanmin

修正手術が有名な韓国のクリニックから画像をお借りしました。こちらのクリニックのサイトには数々の症例が載っていますがひたすらグロいです!
世界中から、修正希望患者が集まっているそうです。

レディエッセを鼻先にいれてくれるクリニックはかなり少ないと思います。
その理由として、鼻先には毛細血管が集中しているためこうした壊死事故、後遺症がおこりやすいのです。

今も後遺症に悩む人々



以前日本の美容整形業界で問題となったアクアミドという成分を使った鼻を高くする手術も当時は「安全!安心!」といわれていましたが、いま現在アクアミドを使用している美容外科はほとんどありません。
しかしアクアミドは溶解注射など存在せず、鼻をひらいて固まったアクアミドを少しずつかき出す手術しかありません。

このレディエッセも溶解注射がないので、失敗した場合は、溶けるのをまつか鼻を切開してとるしかないのです。

引用元 聯合線上
微晶瓷隆鼻 38歲女幾全盲

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ