美人と不細工の違いは骨格?整形を繰り返しても理想通りにならない人は必見!



どうにもならない?骨格の問題

頭蓋骨
人類は、大きく白人(コーカソイド)、黄色人(モンゴロイド)、黒人(ネグロイド)にわけることが出来ます。

この画像を見ると分かるように、一般の日本人は圧倒的に頭蓋骨が横にはっていて顔が横長な骨格を持つ人が多く、その中でも絶壁と呼ばれる人も多くいます。そのため、西洋人に近づける美容整形をしても、遠目で見るとどこかアジア人らしさが抜けないことが多いのです。

kokkaku
逆に上の右の画像の女性のように、もともとの骨格が白人に近く、顔が小さめで顔の余白が少ない人は、パーツが和風でもどこかハーフのような雰囲気を持っていることが多いです。そういう方が目や鼻を少しお直しすると、パーツがはえてとても美しくなります。

じゃあ、どうしたらいいの?

viviansue

無理に髪で顔の輪郭を隠そうとすると、不自然になってしまうこともあります。昔の小悪魔ageha嬢のような盛りすぎの髪型も、かえって頭の大きさをアピールしてしまうでしょう。
また、痩せすぎると体と頭の大きさのバランスが悪くなり、かえって顔が大きく見えてしまうことも。

顔が平面的な形の人は、髪の毛を切るときやセットをするときバックにボリュームをもってくると、立体的な白人に近い骨格に見せることが出来ます。また、この画像の女性のような、バックにボリューム感のあるポニーテールも◎ですね。

顔,頭が大きい人たち

アニメ

ネット上では、
「友人とTVを見てて、キンタローの顔の大きさとか、フジモンのギャグ『顔がデカイからや〜』が始まると、気持ちがソワソワして、早くこの流れが終われと願ってしまう。」

「顔が平面で首が短くてアゴが長くて天然パーマの私は電波少年のなすびというあだ名でした」
なすび

「顔が大きいから、座っていると背が高いと思われる。立ったときに「意外と背が低いんだね」と言われて傷つく。」

と、頭や顔の大きい人のコメントがたくさん掲載されています。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ