目の色素をかえる美容整形で「ホンモノのハーフ顔」にチェンジ!



カラコンいらずのハーフ顔



西洋人とのハーフ顔に憧れ、美容整形をする人も少なくないと思います。

しかし、いくら鼻を高くしたり目を大きくしてもやはり目の「色」だけは変えられず、カラコンを毎日つけている人も多いのではないでしょうか。
私も8年前から毎日カラコンを付けているので、コンタクトの傷からくる角膜炎や結膜炎に悩んでいます。

そんな悩める人たちにオススメしたいのが、目の色素自体を永久的に変えることが出来る手術です。
アメリカの医師によって開発された「人工虹彩移植(Artificial iris implant)」という手術は、実際にインド、トルコ、メキシコ、レバノン、ブラジルをはじめとして世界中で行われています。

角膜を約3ミリほど切開し自分好みの目の色の人工虹彩を挿入するという簡単な手術で、15分ほどで終わるものだそうです。
想像すると結構グロいですね。。。

ちなみに、手術後に目の色が理想でない場合は簡単に元に戻すことが出来ます。

もともとは生まれつき目の虹彩に障害や病をもつ人のために発明された手術ですが、今では美容やファッションのためにチャレンジする患者の方が多いそう。

これに対してネット上では

「めんどくさ。カラコンで良くね?」

「髪や瞳は明るい色の方が綺麗だよね。黒も力強くて良いけど、女らしさは明るい色のほうが感じる。」

と賛否両論のようです。

残念ながら現在日本ではこの手術を取り扱っているクリニックはないようです。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ