どこを美容整形したら良いか分からないのなら、とりあえず「鼻」



美貌は天からの贈り物

ヴァニラちんちくりん

聞いた話ですが、韓国の芸能スカウトマンが重視するのは主に「肌の白さ、脚の長さ(高身長)、顔・頭の骨格の小ささ」の3つだそうです。なぜならこの3つは、軽い美容整形手術や努力ではどうにもならない正真正銘の「美人」が生まれながらにもっているものだからです。
逆に言えばこの3つを既に持っていれば、あとは少しパーツを修正するだけです。

美人として生まれてこなかったからには、コツコツ積み重ねる日々の努力だけではいつまでたっても理想の変化は望めません。
なぜならば「美人」は顔ひとつひとつのパーツというより、骨による部分が多いからです。
また、文化の違いからか、中国・韓国は歌手や芸能人だけでなく、夜のお仕事等でも「高身長で小顔の完璧な美人」が人気なのに対して、日本ではAKB48やモーニング娘。等人気アイドルを見れば分かるように「小柄で身近にいそうな、守ってあげたくなる可愛い女の子」を求める傾向があるそうです。

幸い現代には、顔の骨格を小さくする骨切り術があります。(関連記事→ 美人と不細工の違いは骨格?整形を繰り返しても理想通りにならない人は必見!)骨格の整形は大規模な工事になりますが、ちいさなパーツをひたすら繰り返すよりも一発で決められたらお得かもしれません。

ちなみに脚の長さもイリザロフ法と呼ばれる手術がありますが、こちらは輪郭の骨切りより何倍も苦痛を伴う大工事ですし、多くても1年に数センチしか望めません。
(関連記事→ 超整形美人ヴァニラ、もう整形できない!?ドクターストップにブチ切れ大泣き

第一印象で判断される美

伊東美咲

人はまず「輪郭」「目」「鼻」で第一印象が決まります。
いくら目がぱっちり二重まぶたでも、アゴがしゃくれていてブタ鼻だったら、美しいとは思いません。
いくらお金をかけずに努力しても、残念ながら骨格レベルではどうにもならず、「今の自分より少し綺麗になる」程度しか望めないのです。

特に鼻は顔面における美の中心と言われており、比較的綺麗に鼻筋が通っていれば目が小さくても美人のカテゴリーに入ると言われています。

そんな鼻はプロテーゼや軟骨移植で比較的簡単に、安価で綺麗にすることが出来るのです。
あまり予算が無く、どこを整形したら綺麗になれるのか分からないという人はまず「鼻」を整えましょう。

鼻プロテーゼ、目頭切開は最もコストパフォーマンス良くくっきり濃い顔の美人になれる手術といわれています。
良くも悪くも、この手術さえすれば整形前の顔とは大幅に変わることができるでしょう。




sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ