【前編】ヴァニラを超えた!リアル「モンスター」全身整形に8000万円使った整形依存症の女性、顔面崩壊



『整形狂人』と呼ばれて

中国整形狂人
中国に住む「粉紅宝宝」さんは、16歳の時に美容整形を始めました。

彼女はここ10年以上、毎日毎日、次にやりたい整形について考えています。

なんと今までに美容整形に費やした金額は8000万円近く。

200回以上の大小の全身整形を繰り返し、人工呼吸器をつける全身麻酔を20回、静脈麻酔はもう数え切れないほど、局所麻酔は毎回しているので200回以上・・・


最初に整形をし始めた頃、彼女はプチ整形程度の軽い美容整形しかしていませんでした。

しかし整形を1つするたびにどんどん綺麗になっていく自分がいて、
いつの間にか「もっともっと綺麗になりたい」という欲望が止められなくなってしまいました。

「自分は、手術したらもっと綺麗になれるんだ!」

そう信じて、どんどん大きな手術に手を出していきました。


整形をするために家を出て引越し、整形のたびに仕事を変え、友達を変え、住む街を変え、整形前の写真はすべて燃やして捨ててしまいました。

なぜなら友達や近所の人に、自分の整形を知られるのが怖かったからです。

整形のために失ったものは数え切れません。
しかし、それでも整形を止めることはできませんでした。

自分の外見に対する要求が高すぎて、どんなに手術を繰り返しても満足できないのです。
そしていくら整形しても、自分より綺麗な人がいる・・

外見がどんなに整っても、ふとした時に友達も、家族もいない生活に気付いて孤独を感じますが、
もう戻れない道に来てしまったことを紅粉さんはよくわかっていました。

驚異の整形回数

整形失敗
しかし運悪く、粉紅さんは整形の修正手術で連続失敗してしまいます。

最初に受けた二重まぶたの埋没法が取れたので、粉紅さんは切開法で二重にすることにしました。

すると手術痕はケロイドのような異常なふくらみになり、その後繰り返し8回もふたえまぶたの修正手術を受けるも、すべて失敗。

まぶたが引き攣ったまま半目の状態で、外に出るには常にサングラスをしなければなりません。

粉紅さんがある日サングラスを忘れて買い物に行くと、そこにいた子供達は紅粉さんの顔を見るなり「鬼が来た!!」と叫び、彼氏は別れを切りだしました。


粉紅さんはこれまでに数え切れないほどの美容整形手術とその修正手術を繰り返してきました。
豊胸手術のためにまず3回の注射を受けるも、形が気に入らず、中国国内で5回、その後韓国で2回の手術を受けます。そして色々なパターンの豊胸手術を受け続け・・・

なんとその数、胸の手術+修正手術だけで31回!
考えただけでも恐ろしいですが、なんとそれだけではないのです。


粉紅さんの手術履歴

・輪郭手術 7回(骨切り含む)
・目 23回
・鼻 19回
・頬 13回
・唇 20回
・眉 17回
・おでこ 6回
・豊胸手術 31回
・脂肪吸引 55回(全身合計)
・法令線 8回
・こめかみ 7回
・皮膚を綺麗にする手術 8回
・身長を伸ばす手術 1回

などなど・・・

ちなみになんだかわからない物体で足を長くする手術を受けた後、細菌感染してしまい、骨の組織までが破壊され・・・
あまりに痛く地面に足をつけることができなくなり、粉紅さんは歩けなくなってしまいました。


2012年、中国南京医科大学の附属整形外科は、そんな粉紅さんを助けるための大規模な修復手術を考えました。

→ 【後編】ヴァニラを超えた!リアル「モンスター」全身整形に8000万円使った整形依存症の女性、顔面崩壊

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ