豊胸手術経験者は死亡したときに整形がバレる!?菜々緒やはるな愛は。。。



整形はあくまで「人工物」

豊胸手術失敗

たとえば豊胸手術で胸にシリコンを入れたり、鼻にプロテーゼを入れていた場合、体の中で「天然」の部分と「人工物」が混在する状態になっています。
そのため、若いうちに豊胸手術をして、老後豊胸手術した部分だけがいつまでも若々しい違和感のある体になることもあります。

そして死後、人間の皮膚の状態は急速に変化するため、人工物としていれたものが目立ってしまうことがあるそうです。

死んだとき、体はどうなるの?

chinesemodelplasticsurgery

自分自身の皮膚は水分がなくなってしぼんでいきますが、シリコンの部分は人工物で変化しないため、浮き上がってきてしまうそうなのです。
「死んでしまったら整形なんて周囲にバレてもどうでもいい」と思うかもしれませんが(笑)

今の豊胸手術は非常に進歩していて、明石家さんまさんいわくはるな愛さんの胸は触ってもホンモノにしか感じないそうです。
(関連記事→ 全身整形100回以上1500万円を費やした小悪魔agehaモデル上ノ宮絵理沙(ゴリサ)

はるな愛さんは毎日シリコンで作られた胸をグリグリと揉むのが日課だそう。
痛みを伴うのですが、それをしないとシリコンは固くなっていってしまうのです。

収録前も時間があればずっと胸をグリグリ揉んでいるそうです。

菜々緒さんも豊胸手術をしようと考えていましたが、痛みに耐えられそうもないのでやめたと番組内で公表していました。

ちなみに、イギリスでは逆に肥満男性が平らな胸を求めて胸を小さくする手術が人気だそうです。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ