恐怖!中国の美容整形外科事情 たった4日間の講習で「美容整形外科医」に!?



整形モニターは生徒自身

北京美容整形
マンションから逃げ出す関係者たち

中国、北京で行われた「プチ整形4日間速習講座」に中国の記者が潜入取材し、話題になっています。

4日間の講習費用は日本円にしておよそ15万円。
しかしその講習を受けた後は国際医療美容連盟養成資格証明書というものが発行され、「毎月200万円以上稼げるようになります」とのうたい文句。

美容整形が流行している中国で、美容外科医のニーズは非常に高くなっているようです。

しかしその講座が行われたのはなんと北京にある普通のマンションの一室!
そのマンションのエレベーターには「ここは一般のマンションです。事業者、美容関連の方はご遠慮ください」との警告が(笑)

生徒達はマネキンで学んだ後、なんと生徒同士で顔面に注射し合って練習をしたそうです。

そのうちの1人はヒアルロン酸を鼻に注射された後、残念ながら感染を起こしてしまい、修正が必要な鼻になってしまったとか。
それだけではなく、唇にヒアルロン酸注射を受けた別の生徒も、白い水ぶくれが出来たりしました。

また、そのときに使われていた薬剤はなんと期限切れのものだったそうです。

講師は一体誰だったの?

中国美容整形
参考元:http://www.newjunshi.net/


この4日間の講座には毎回数十人の応募がありましたが、
記者の取材によって今回の講座の酷さが明らかになり、この会社は夜逃げ同然でマンションから機材や白衣等を持ち出し、いなくなってしまいました。

とある記者がこの会社の住所を訪れると、マンションの管理人が現れ
「あなたも騙されたのですか?お金を返してもらいにきたのですか?」と聞かれました。

そこで事情を話すと、どうやら彼らは逃げ出した時には2か月分の家賃も未払いのままで、今も行方は見つかっていないそうです。

その上、この会社の登記を調べると化粧品、日用品の販売等は書かれていましたが、美容整形という内容は含まれていませんでした。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ