ヘルタースケルターの現実版?!人気歌手が整形をして変わったこと



自分に自信のなかった歌手

王梓整形ビフォーアフター
整形前の王さん

10年前、歌手となった王梓(Jamie Wong)さん。
当時彼女は他の出演者と同じように夢に向かって一生懸命頑張っていました。

しかしオーディション番組の舞台で一人の審査員に言われた言葉を、その後ことあるごとに思い出してしまいます。

「今日この中で誰か一人を選んで歌わせるとすれば、僕だったら必ず一番綺麗な人を選ぶけどな〜。」

もちろん、王さんはその舞台で1位に選ばれることはありませんでした。

王さんはしばらく、公式の場から姿を消し、SNSが更新されることも無くなりました。
巷では王さんは死んでしまったのではないか?と死亡説が噂されるほどでした。

その後、王梓さんは「今まで美容整形手術をしていました。」と公表し、自分の整形の経過をSNSにアップしていきました。
王さんが整形した部位はエラ骨削り、顎、鼻の総手術、脂肪吸引、リフト、目頭切開など美容整形フルコース。

「うわ〜猪八戒よりもまだ醜い」「気持ち悪い宇宙人はとっとと失せろ」「親からもらった顔や皮膚を傷つけて、申し訳ないと思わないの?」

など、ありとあらゆる誹謗中傷が届きました。

誹謗中傷を乗り越えて

王梓整形
手術の様子を見に来てくれた友達は王さんの顔を見るなりすぐに帰ってしまい、その後3週間は肉類が食べられなくなったそうです。
そして観衆からの誹謗中傷は止まりません。

「王梓が大金をかけて整形したのは何か利益を見込んでのことだろう」
「あいつの整形はマスコミのでっち上げ。」

しかし王さんはその時気づきます。

「こんなに批判されるけど、私は何か間違いをしただろうか?」

「私は一人のアーティストとしてこれからもこの舞台に立ち続ける。
私を見てくれている観客が一人でもいるのなら、この痛みを受け入れよう。
最後まで私の美しい舞台を演じきってみせよう。」と。

現在の王梓さん

王梓中国整形ビフォーアフター
王さんの整形公表は中国での美容整形手術ブームと重なり、世間でも熱い議論が行われるようになりました。

その頃王さんといえば、顔が変わった後、本気でダイエットに取り組むようになりました。
2か月で12キロのダイエットに成功し、これからさらに12キロのダイエットを予定していると語っています。
今までは欠点を隠すような服しか着られなかったけれど、体のラインが見える洋服を着て、自分に自信がついたそうです。

また、整形をしてからは人との交流を楽しめるようになったそうです。
そして美しい人たちと、美容情報を交換したりできるようになりました。

「全ての人には美を追求する権利もあるし、生まれ変わる権利だってある」と語る王さん。これからの活躍に期待です!

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ