元小悪魔agehaモデル荒木さやかさん、未成年時代も可愛い!



小悪魔agehaといえば荒木さやか!



荒木さやかさんは福井県出身の32歳。
以前、歌舞伎町や六本木で「愛原リオナ」「愛原梨葫」という源氏名でキャバ嬢をしていました。

ぱっちりしたつり目の二重に八重歯、そしてとっても細いのに出るところは出ている。
そんなパーフェクト美人に憧れて小悪魔agehaを買っていた人も多いはず。

そして以前、「上原綾(りょう・あや)」という名前で
ヌードモデルとして18歳でデビューしていたことも話題になっています。

荒木さやか

「あの頃20歳前後だった荒木さやかさんも、もう32歳なんだな」と
時の流れにしみじみしてしまいました。
以前小悪魔agehaで活躍していたモデルさんたちも
今は結構お年をめされてきたのですね。
(関連記事→ 全身整形100回以上1500万円を費やした小悪魔agehaモデル上ノ宮絵理沙(ゴリサ)

荒木さやかさんの顔の変貌



現在日本各地でDJとしてゲスト出演したり、
海外のフェス旅行を楽しんでいる荒木さやかさん。

以前はその性格の激しさやツンツンした態度で
同業者のアンチも非常に多く叩かれていましたが、
最近はその考え方に賛同するファンも増えてきているようです。

荒木さやかさんの目は二重の幅が目を開けた状態で4mm以上あるため、
埋没法で再現するのは困難でしょう。
切開法になると思いますが、ここまで広い二重幅を安易に真似すると
寝る時も目が閉じずにドライアイになる可能性があります。


sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ