全身整形100回以上1500万円を費やした小悪魔agehaモデル上ノ宮絵理沙(ゴリサ)



上ノ宮絵理沙さんの仰天エピソード

上ノ宮ゴリサ整形
上ノ宮さんは自ら『女性自身』で18歳から27歳に至るまでの9年間、100回以上、1500万円以上を美容整形に費やしてきたと語っています。
初めての施術は鼻で、次にエラボトックス注射、顎ヒアルロン酸注入、二重まぶた、脂肪溶解注射、豊胸手術などの整形を暴露しています。二重まぶたの手術では皮膚を切除しすぎてしまい、眠っているときも目が閉じずに半開きのままだそう。

ブログの過激な内容とアンチの多さから、「炎上クイーン ゴリサ」と呼ばれ親しまれているようです。

実は私、行きつけのサロンで上ノ宮さんを目撃したことがありますが、写真写りが異常に悪いだけで実物は結構可愛いなあと思いました(笑)
あと、とりあえず、もの凄く細いです。本人のブログによると、身長155センチで体重は32.9キロしかないそうです。実物も足が折れそうなくらい細かったです。上ノ宮さんはそんなに細いイメージではなかったので、驚きました。

ゴリサの凄まじい整形遍歴

ゴリサ虚言癖小悪魔ageha
さて上ノ宮さんといえばそのすさまじい整形遍歴ですが、整形前のお顔も意外と整っていたのです。高校時代は56キロあったそうで、少しぽっちゃりされていますね。
下は主治医である高梨クリニック院長先生のブログから画像をお借りしました。

小悪魔アゲハモデルになった彼女は、他のアゲハモデルたちのように無理に幅の広い二重を埋没法でしたために筋の働きが阻害され、目の開きが悪くなってしまいました。
埋没法で幅広二重まぶた

そして暫く経ち、眼瞼挙筋の短縮手術を行ったことで大きく、深すぎる二重まぶたになってしまったそうです。
ゴリサの整形遍歴

美容整形に数千万円をつぎ込んだはるな愛さんいわく、「整形はその手術より、術後のメンテの方がお金がかかる」ということでした。
実際美容整形をして思うのは、プチ整形は何度も繰り返ししなければ効果が持続しないものが多く、逆におかねがかかるものが多いと思いました。


“二重の埋没法なんて、どこでやったって同じとか考える人も多いと思うけど、こういう思うぬ落とし穴もあるし、挙筋短縮にしたって、リカバリー手術よりも、初回の方がやり易いし、結果も良いはずなんだから、クリニック選ぶ折には注意してね。
上ノ宮絵理沙ちゃんが、以前手術したクリニックは、アフターフォローの診察とかは、一切受け付けてくれないって、言ってたし・・・。”

出典 タカナシクリニック髙梨院長ブログ http://takanashi.livedoor.biz/archives/65387968.html


同じく整形を暴露している芸能人、七瀬リナさんとパーツごとに見ると少し似ているところもありますね!
(関連記事→ 日本のセクシー女優七瀬リナ(神田るみ)がイギリスで「整形依存症」と話題に!

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ