大手美容整形外科が次々と「鼻のレディエッセ」取り扱いを止めた理由?!各地でレディエッセ難民増加中!



手軽な鼻プチ整形といえばレディエッセ

ヴァニラプロテーゼ小鼻縮小

レディエッセといえば、鼻を高くする「隆鼻術」を手軽にコスメ感覚で出来る大人気のプチ整形でしたが、
最近レディエッセを扱わない大手の美容外科が増えています。

既に品川美容外科や湘南美容外科など、大手有名チェーンの美容外科では鼻への注入を受け付けていないそうです。
品川美容外科の公式サイトでも、レディエッセはアゴへの注入以外になにも記載がありません。

ちなみに高須クリニックでは、長期持続型ヒアルロン酸より劣っているという理由でレディエッセを取り扱っていませんでした。

私も数ヶ月前に湘南美容外科へ行った際、いまはレディエッセを取り扱っていないので、ヒアルロン酸にしようと言われました。
(ヒアルロン酸のぶよぶよした感覚が苦手なのでお断りしました。)

そのとき医師に理由は聞かなかったのですが、去年まで大人気の施術だったレディエッセが続々と美容外科のメニューから消えている理由は、一体なぜなのでしょうか?


「重大な事故」の発生?

Shimanmin

以前美容整形ちゃんねるでも記事にしたように、台湾の美容外科で鼻レディエッセによる失明事故が発生しました。
それが原因となったのかもしれませんが、この事故がニュースになった後もしばらくは通常通りレディエッセは取り扱われていました。
(関連→ 【閲覧注意】鼻レディエッセで失明事故!プチ整形でも失敗?後遺症の原因は?【画像あり】

レディエッセやヒアルロン酸などの「フィラー」と呼ばれる注入物は鼻先にいれなければ安全なものだといわれていましたし、
ほとんどのクリニックが鼻先への注入を断っていたように思います。

ネット上ではレディエッセの取り扱いを中止したクリニックへ理由を聞いた人々の書き込みによると、

「学会でレディエッセの危険性が発表されたため」

「レディエッセよりも良いフィラーが出てきたため」

「溶けないレディエッセを打ち続けるとコアラのような鼻になることが確認されたため」

「プロテーゼを入れる際に鼻を開くと、レディエッセをいれていた患者は鼻の内部にカチカチの物体がこびりついている(溶けずに大半が流れているだけ?)」

など、クリニックのカウンセラーや医師に様々な理由を言われたそうですが、どれが本当の理由か定かではないようです。


参考元:
品川美容外科湘南美容外科クリニック 
 

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ