鼻の美容整形手術の流れは? 手術当日までに準備するべきものと注意事項



手術前の注意事項

clevielクレヴィエル湘南美容外科クリニック

ヒアルロン酸やレディエッセの場合、麻酔は必要ないことがほとんどですが、
プロテーゼ挿入、鼻翼縮小、鷲鼻修正、鼻中隔延長などなど・・
鼻の手術をする場合は静脈麻酔での手術をおすすめする病院が多いと思います。

鼻は神経が集中している部位なので、局所麻酔の注射が非常に痛い部分です。

静脈麻酔は病院にもよりますが、日本国内の場合ですと手術費用+5万円〜が平均です。
まれに手術費用の中に静脈麻酔代金が含まれていることがあります。

静脈麻酔の場合、手術の6時間前から断食
手術の3時間前からの飲み物の禁止が必須となります。
また、前日のアルコール、下剤の摂取は禁止です。

これは静脈麻酔での手術中に吐き気を催した際、食べ物(嘔吐物)が喉に詰まると窒息してしまうことがあるからです。
自分の身の安全の為にも、必ず守りましょう。

また、手術をスムーズにすすめるために鼻毛の処理を自分で行うと良いでしょう。
クリニックでやってもらうこともあるかと思いますが、脱毛の剃り残しと同じで、看護師さんに処理してもらうのは少し恥ずかしいですよね(笑)

手術の流れ


このように自動でカットできるものがおすすめ

まず病院についたら化粧を落とします。
洗顔後は手術前にどちらにしろ顔面の消毒をしてしまうので、化粧水などは付けない方がいいでしょう。

その後、病院によっては写真撮影を行うことがあります。
これはモニター、一般の手術関係なく、カルテの保管用です。

手術後に「どこが変わったのかわかりません」と言うと、この時の写真を見せられ、納得することが多いですね(笑)
手術をしてしばらくすると自分の顔に慣れてしまい、手術の変化を客観的に判断できなくなることがあります。。

その後、静脈麻酔の人は点滴を開始しますが、この時点ではまだ眠気はありません。
そして顔と鼻の中の消毒をしてもらい、手足の固定をされます。寝ている間に勝手に動いてしまわないようにするためです。

医師と最後の打ち合わせをし、酸素チューブを口にして「そろそろ眠くなります」と言われ、
いつのまにか眠っていて起きると手術は終わっています(静脈麻酔の場合)。


手術後の注意事項



手術中や手術後に起き上がった際に血などが垂れて汚れてしまう場合がまれにあります。
着替えのない病院の場合、汚れても良い脱ぎ着しやすい前開きの服を着ていきましょう。

当日は麻酔にもよりますが、手術の後麻酔が切れるとじわじわと鈍痛におそわれることがあります。
ポイントは、そろそろ麻酔が切れそうだと思ったら病院から処方される頓服の鎮痛剤を飲むことです。
病院からは、だいたいロキソニン系の鎮痛剤を渡されると思います。

これとは別に抗生物質が処方されることもあります。こちらは感染防止のため、3日間ほど朝昼晩飲み続けます。

バイクや車等、自分の運転で病院に行くのは控えましょう。
なるべくタクシーや公共交通機関、家族や友人へ送迎をお願いすると良いでしょう。

ちなみに私はプロテーゼ手術後、電車で1時間の実家に帰宅しましたが家に帰るとマスクの中は見事に鼻血が垂れていました(笑)
マスクは手術後、病院でもらえますが、万が一の場合に備えて自分で持参するのも良いですね。

ダウンタイムの過ごし方

鼻プロテーゼ

シャワーなどで体を温めすぎると腫れが強く出ることがあります。
抜糸まではシャワーは軽く首から下だけにして、入浴や激しい運動は控えましょう。

また、一ヶ月ほどは鼻をぶつけたりうつ伏せで寝ることは絶対にやめましょう。プロテーゼがズレる原因になります。

腫れの強く出るダウンタイムは3〜4日くらいです。
鼻はかなり腫れる分、腫れが引くのも非常に早い部位なので、悲観的にならず地道に回復を待ちましょう。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ