鼻ヒアルロン酸注入でアレルギーが!医師もびっくり「こんなの初めて見た」→溶解注射



生まれて初めてのヒアルロン酸

グラビアアイドル整形失敗ドビー後遺症
なんだか垢抜けない顔をどうにかしたくて、とりあえず鼻筋かな?と思い、
クリニックにカウンセリングへ行きました。

しかし医師は私の予想に反して「あなたはそんなに鼻根が低い人ではない」との見立てでした。
自分では鼻がとても低い方だと思っていたので、意外でした。

とりあえずまだ高くしてもバランス的には問題ないとのことなので、
生まれて初めてのヒアルロン酸を鼻根に注入してみることにしました。

笑気麻酔は付けませんでしたが、つーんとした痛さで我慢できない程ではありません。

仕上がりは「んー?こんなもんか。」という感じです。
妹が「友達が鼻筋にヒアルロン酸を入れていたけれど、ほんとにわからない。」と言っていた通りだなと思いました。
この時に入れたヒアルロン酸はクレヴィエルなどではなく、もっと柔らかいものでした。


もちろん人によって注入量やヒアルロン酸の種類にもよると思いますが、これは自分以外の誰も気づかないだろうなと思いました。
それでも、斜め前から鏡を見るとやっぱり少し高くなっています。それから家に帰り、何度も何度も鏡を見ていました(笑)

ヒアルロン酸をいれた当日の腫れは全くなく、少し注入した場所に赤みがある程度でした。


しかし翌日!



朝起きると鼻が昨日よりも赤くなっていて、吹き出物のようなものが出てきました。
ヒアルロン酸を注入した鼻根はもちろんのこと、なぜか注入していない鼻先にかけてまで赤くなり、ブツブツができています。

仕方ないので、マスクをして出勤しました。周りには「アレルギーっぽい」と言い訳をしました。
鼻の皮膚だけアレルギーってどんなだよ!と自分でツッコみましたが。。

会社にいる間はマスクでなんとかやり過ごし、退社後すぐクリニックへ行きましたが「うわ~!こんなの初めて見るな」と先生に言われました。


結論から言いますと、どうも“刺激”によってこうなってしまったようでした。

ヒアルロン酸は通常ほぼアレルギーが起きないものですが、
その先生は「これはアレルギーかもしれない」と言うと、腕にヒアルロン酸とマーカーと、マーカーリムーバーのパッチテストをしてくれました。

医学的にはあり得なくても、顔でアレルギー反応が起きても体では起きないというのは何事においても経験済みです。
案の定、パッチテストをした腕には何のアレルギー反応もありませんでした。

放っておいても治っていったと思われますが、早く治したければ溶解した方が良い、とのことでその日のうちに泣く泣く溶解しました。

他院で美顔レーザーをした時に少し似た症状が出たことがあるのですが、
その時見てくれた先生曰く「刺激でそうなる」とのことでした。

刺激でなぜブツブツが?!と思いましたが、恐らくそれが真実だと思います。
プチ整形と言っても、予想だにしない結果になることがあるのですね。
ちなみにヒアルロン酸を打った病院は都内でも有名な比較的高額なクリニックです。


今はゴルゴ線・法令線・あごにヒアルロン酸やレディエッセを注入していますが、
その時現れたようなブツブツが出来たことはありません。
顔が慣れてきたのかな!?と思います(笑)

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ