【画像あり】鼻尖形成と軟骨移植に成功!一年経過して満島ひかりのようなツンとした鼻に♪



鼻中隔延長と悩みました

満島ひかり
丸い鼻先はかわいらしいかもしれないけれど美しくないなあと思い、満島ひかりさんのカロリーメイトのCMを見て「ツンと細い鼻先にしたい」という欲望が出てきました。
(関連記事→ 横顔、輪郭が綺麗な芸能人ベスト10

カウンセリングの際は、まず手術方法で悩みました。
大きな変化を求めるならば、鼻中隔延長の方が良さそうですが、鼻中隔延長はたいへん大掛かりな手術になります。
鼻中隔延長は必ずしも鼻先を下に向ける手術ではありませんが、私は鼻先を下に向けるよりもほんの少しアップノーズにしたいのと費用的な面で鼻尖形成と軟骨移植を選択しました。

軟骨移植は、鼻中隔が柔らかい人の場合、まれに沈んでしまい高さが元に戻ってしまうこともあるそうで、あまり無理をすることは出来ないとのことでした。

デザインでは、鼻先をどの方向に向けるか、ということに焦点が当てられました。
鼻中隔延長まではいかないが、鼻先を下に向ける人も結構多いとのことでした。

私は「下向きにするのも捨てがたいが、それよりも鼻先が細くツンとした鼻に憧れる」ということを伝えました。
傷跡をあまり気にしない性格なので、オープン法を選択しました。

手術はもちろん静脈麻酔

プラセンタ
手術は静脈麻酔で行いました。

途中意識がある人もいると説明を受けましたが、私は爆睡していて痛みは感じませんでした。
手術は3時間程度で終了し、眠くてたまりませんでしたが看護師さんに起こされました(笑)

術後は固定器具をつけるのですが、結構それが大きいのでマスクだけで日常生活を送るのは少し厳しいかもしれません。
3日間の固定が外れても鼻中隔に糸がついてるので、マスクは必須です。

仕上がりは、最初の3週間位は腫れが残っており、そこまで鼻先が細くなったという実感はありませんでした。

しかし次第に腫れとが引き、鼻先もそくなり、何より高さが出た!と感じることが出来ました。

手術後一年経過画像

鼻尖形成+軟骨移植
左が手術前、右が手術後の鼻です。

「なんだ、大したことないじゃん」とか言わないでくださいね^^;
写真では分かりにくいかもしれませんが、これでも精一杯ツンとしてもらったんです!
鼻先を触った感じも、手術前と明らかに違ってうれしくなります。
術後の戻りが一番心配でしたが、1年経った今も戻りは無くホッとしています。

軟骨移植は衝撃に強いらしく、そこまで心配することも無いようなのですが、ちょっとでも手が鼻に当たろうものならすぐ鏡でチェックしてしまいます。

周りの反応は特に無しですが、自分としてはかなり満足しています。
鼻中隔延長にしておけばよかったなあと少し未練はありますが、鼻の手術は血行のためなるべく1回で終わらせた方が良いらしいので恐らく鼻の改造計画はこれで完了すると思われます。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ