小悪魔アゲハモデルに影響されていきなり脂肪吸引!下ぶくれの顔サヨウナラ!



運命の出会い



ある日いつものお買い物コースをブラブラしていると、とある雑貨屋に姉アゲハモデルの荒木さやかさんの来店を知らせるポスターが貼ってありました。
現在アラサーでまさしく小悪魔アゲハを読んで育った私は、もちろんそのイベントを見過ごす訳はなく、早速申込みました。
そこで、憧れの荒木さやかさんと握手をしてもらって写真まで撮りました。

実物の荒木さやかさんはとっても細かったです。
さすがモデルだけあって写真写りもいいなあ~と荒木さやかさんばかりに気をとられていましたが、隣に写っている自分の顔に気づき「うぉーい!私の顔!めちゃくちゃ下膨れ!」とびっくりしました。

その時は特に太ってもなかったのですが、荒木さんの隣に立つ自分の顔を見て「さすがにこんな輪郭はマズイ。。。」ということで、脂肪吸引を突如決意しました。

さっそく手術を受けました

okamenattou
手術は静脈麻酔で受けましたが、手術中は爆睡していたようで何も記憶がありません。
終わってから包帯グルグルの状態で気が付き、リカバリールームで少し過ごさせてもらってから、電車で帰宅しました。

「明日はとてつもなく腫れますよー!」という看護師さんの言葉通り、翌朝はパンパンでした。まさしくおかめ納豆です!
気になっていた自分の下膨れなど屁でもない程です。

「焦りは禁物」と自分に言い聞かせ、ひたすら引くのを待ちましたが、腫れが引くのが遅くメンタル的にやられそうにはなりました。

痛みが始終ある訳ではないので体の脂肪吸引なんかと比べればかなり楽なはずですが、マスクを取ることができるようになるまでおよそ二週間かかりました。

ですので、マスクで隠すことができない環境の方は1ヶ月位休みが必要かもしれません。逆にマスクOKな職場の方は、休みを一週間取らなくてもいけそうな気がします。
ただし、フェイスラインを隠すことができる大きめのマスクは必須ですが。

今、顔の脂肪吸引から一年半経ちますが、太っても「顔がシュッとしてるね」と言われます。
気になっていた下膨れも解消しましたし、とても満足しています。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ