【画像あり】エラボトックス注射ビフォーアフター3か月後



小顔になりました

ビフォースクショ保存1/15
これがボトックスを打つ前の私の顔です。
ボトックス注射とは、エラの発達した筋肉を委縮させることによって小顔効果を期待するプチ整形です。
ボトックス注射の成分はボツリヌス菌から毒物を取り除き加工したものです。

様々な分野のプチ整形に使われており、例えば、眉間のシワや、多汗症を直す施術、ふくらはぎを細くする注射としても使用されています。
参考元→湘南美容外科クリニック公式サイト

私は遺伝のせいなのかガムが好きなせいなのかは分かりませんが、
エラの筋肉が発達しており、歯を噛みしめるとエラが盛り上がっていました。

そのことがコンプレックスでもあり、小顔になりたいという気持ちでボトックス注射を受けることにしました。
ある程度ボトックスに関してのメリット・デメリットなどの知識はあったのでカウンセリングと施術を同時に予約しました。

カウンセリングはエラの筋肉の発達具合を触診されたり、説明を受けたりという流れで終わりました。

施術の前にエラを冷やされ感覚をなくし、そのあとボトックス注射に入ります。
注射時に顎を噛みしめた状態で、片側づつ計4か所に注射をされました。

注射自体はいわゆる筋肉注射なので予防接種の注射を顔にされるくらいの痛さです。私はそこまで痛いと感じませんでした。

そして手術後

アフター
施術が終了してからは特に痛みも内出血もなく終了しました。効果は1週間後頃から現れると説明され、わくわくしながら一週間を過ごしました。
すると、みるみるうちにエラの筋肉がなくなり、盛り上がった部分も解消されました。

そしてまた意外な効果もありました。
自分のなかで、勝手に顎に力を入れまいと意識してしているのか、食事の量も減りダイエットにもなりました。

ガムが好きな私も今はエラが発達したらもったいないのであまり食べていません(笑)
私はエラボトックスをして良かったと思っています。

効果は続かないと言われていますが、何度も繰り返していくうちに、エラの筋肉が発達しなくなると聞きました。
私はこれからも継続してボトックス注射の施術をしてもらおうと思っています。


参考元→湘南美容外科クリニック公式サイト

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ