【画像あり】ミニ切開法で幅広二重にするついでに、埋没法の糸を取り除きました!



ミニ切開法で二重にしました

ミニ切開 目元画像
切開法でつくった二重まぶたは加齢等で垂れてしまった場合をのぞきほぼ永久的に持続し、理想の二重幅を実現出来ます。
デメリットは施術料金が高いこと、ダウンタイムが長いことがあげられます。

それに対し埋没法は、二重にしたいラインの一部を糸で止めていくもので、術後のダウンタイムがとても短く手頃な価格設定です。更に失敗した際には糸を取り除き、元に戻すことが出来ます。
しかし糸が外れたり、糸が緩んだり加齢で皮膚が垂れてくる事によって徐々に二重幅が狭くなっていくことがあり、まぶたの脂肪が分厚い人は施術できないことがあります。

私は以前2回ほど埋没法の手術をある美容外科で受けたことがあります。
その後、別のクリニックでミニ切開法の手術を行い、理想の二重幅を手に入れました。
手術の名前がクリニックによっていろいろあるようですが、手術内容は同じだと思います。
では、私が施術してもらったミニ切開法の話をしていきたいと思います。

早速カウンセリングへ

スクリーンショット 2014-04-04 1.07.33
私は金銭的なことやダウンタイムの期間を考え、完全なる切開法ではなくミニ切開法(小切開法)を選択しました。

小切開法は、切開法より手頃な価格で施術出来ますが理想のラインは切開法よりは近づけません。
また、ダウンタイムは埋没法よりも長いと説明されました。

クリニックへカウンセリングに行った時、埋没法の糸が両目で計8本入っている状態でした。
まぶたを外から触ると糸がボコボコ飛び出していました。

カウンセリングで説明されたのは、その糸を抜かなければいけないことと、理想のラインは切開法よりも近づけないことでした。

有名な先生でしたが、想像していたのとは少し印象が違い、淡々と話が進んでいきました。

今回の二重まぶた切開法はいくら小切開法でも失敗は絶対に許されないと思っていたので、先生にしっかりと要望を伝えました。
私の場合まぶたに脂肪が多いので、少し絞り出すと言われ了承しました。

そして手術当日、私は楽しみにしていたので、そこまで緊張や恐怖もなく手術に挑みました。

局部麻酔の注射は相変わらず痛いものの、埋没法より手術時の違和感はありませんでした。
埋没法の時は糸を引っ張られる感じが気持ち悪かったです。

そして、手術が終わったあと鏡を見ると、大変なことになっていました。

パンパンに腫れ上がり、黒い糸が所々飛び出していました。
家に帰ってからは腫れがどんどんひどくなり、特に2日目の寝起きは目がほとんど開きませんでした。

そして抜糸の日

スクリーンショット 2014-04-04 1.07.25
チクチクはするものの、特に痛みもなくすぐに終わりました。
抜糸をしてからは、ものすごいスピードで腫れが引いていきました。

一か月たった頃には「分かる人には分かるかもしれない」程度の違和感はあるものの、サングラスやメガネも必要なくなりました。
今現在の状態に落ち着くまでに半年かかりましたが、3年たった今も二重幅は変わっていません。

また、埋没の時はメイクを落とす際に糸がゆるまないように気を使っていましたが、今はゴシゴシと整形など忘れたように洗っています。

二重の整形を考えている方は、しっかりとメリットデメリットを理解し、手術方法を選択したほうがいいと思います。

参考元:
湘南美容外科クリニック二重まぶた手術公式サイト
http://www.s-b-c.net/lp/affili/eyelid_ab/
湘南美容外科クリニック
http://www.s-b-c.net/

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ