埋没法糸取りおすすめクリニックは?【横須賀アロマ美容外科】



埋没法が取れるのはよくあること?


「埋没法による糸が気になるから取って欲しい」
という患者さんは

もちろん埋没法がとれたことも理由にありますが、

まぶたのゴロゴロ感や
触れると分かる小さなしこりが原因という方が多いです。


maibotuhourisuku
画像はお借りしました。


埋没法の手術後、
表から糸の結び目はほとんど見えないですが
裏には眼球結膜側の瞼板に跡があります。


埋没法の糸をとる方法として
皮膚を少しだけ切って埋没糸を探す方法が主流だと思います。


埋没糸の結び目で糸を切って
引き出せば、それでおしまいです。


少しだけの切開で糸が取れた場合
皮膚の傷は小さく、放置しておけば勝手に治ります。



埋没糸を取り出しても二重のまま?!



ごくまれに埋没法の手術で二重のしわがつき
埋没法の糸取りをしたあとでも二重まぶたのままでいられる方もいますが
そういった人は皮膚が薄く、
狭めの二重まぶたに手術した人でも
本当にごく僅かです。



そして、
埋没法がこれほど普及している国は
世界中を見ても、日本だけ
だとも言われています。


安価なクリニックが、
技術のあまりない若手医師にでも簡単にできる手術として
埋没法の二重が流行ったからです。


美容整形大国、お隣の韓国では切開法が主流です。


埋没法糸取りの所要時間は?


埋没法で二重にする手術は、

一般的には傷もあまり残らず、ダウンタイムも少ないので
切開して二重を作る手術に比べ、非常に手軽な手術です。

埋没法というのは簡単に説明すると
皮膚と瞼板/挙筋の間に、髪の毛より細いナイロン糸をかけ、
その結び目を皮膚の中に埋め込むというとても簡単なものです。

除去の際はこの皮膚の中の結び目を探します。

手術後あまり期間が経っていないと糸がどこにあるか分かりやすいので
10分以内で終わる事もありますが、

長期間経ってしまった場合は糸が透明になってしまっているので
3時間かけても糸が見つからず、終わらない事があります。



糸の一部がまぶたに飛び出してしまっている人は
もちろん、簡単に抜去することができます。

10分で終わったり、3時間かかったり、
全く時間が読めない手術なので、
埋没法の糸除去手術は、クリニックによっては
断られることが多い手術です。

こちらのクリニックは実際に管理人の姉が
埋没法糸除去でお世話になったクリニックです。

【横須賀アロマ美容外科クリニック】
http://www.a-b-c.jp/maibotu2014-4-6.html

埋没法糸除去や豊胸のバッグ除去を始め、
いろいろな術例が沢山のっているので、
暇つぶしにもなります(笑)

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ