【画像あり】二重切開法ダウンタイム長すぎ!外出はいつから?



とれない一生モノのふたえまぶた

二重切開法とは、切開して二重を作成する方法です。

この方法は簡単に行われる安価な埋没法とは異なり切開した部分の傷をまぶたに癒着させることで、二重のラインを形成する美容整形手術です。
しかし手術後3日間ぐらいはとてつもなく腫れます。
間違いなく誰にも会えません。仕事も、お休みをした方が良いでしょう。それが無理な方は埋没法をおすすめします。
1週間後には抜糸があり、内出血がでた場合は更に2週間程度青く残ります(これはコーンシーラーで隠せるとおもいます)。
また、人によっては傷の赤みが1年半くらい残ることがあるかもしれませんが、だいたいの人は2年でその赤みも消えます。二重全切開のダウンタイムは非常に長いですから 覚悟が必要なのと、手術を焦らない事が肝心です。

埋没法と比較すると全切開が取れることは非常に少ないです。
埋没を繰り返している方や腫れぼったい人は二重切開法をおすすめします。
埋没法を何度も繰り返してダウンタイムを何度もとるよりは切開法でやってしまうほうが経済的にも良い気がします。
埋没法は良くも悪くも取れるプチ整形です。
本来、二重まぶたの美容整形手術はせっかくお金を払って時間を使った手術なので
取れたら困るのは当たり前なのですが、
それは気に入らない場合は取ることもできると言うことです。
実際に埋没法の糸を取り除くのは容易なことではありません。
時間が経てば経つ程難しくなります!
しかし二重切開法の失敗は皮膚を切り取ってしまっているので、
再手術はなかなか簡単にはいきません。

二重切開法に失敗しないために

かんたんに出来る安価な埋没法の普及によって二重切開法をやる人がどんどん減ってきました。
それにより、二重切開法の手術に精通している美容外科医の割合が減少し、埋没法にしか対応していない美容外科医が増加しているそうです。

クリニックの手術メニュー一覧には一応二重全切開法が掲載されていてもほとんどやったことのない美容外科医がいるようです。そんな医師にかかってしまったら大変ですよね。。

ネット上では

「皮膚が足りなくて目が閉じられない」
「四六時中ずぅーとひきつってひっぱられてて痛い」

など、二重まぶた切開法で失敗した患者が多数いることが分かります。二重全切開の手術をする際は、しっかりとしたカウンセリングをお勧めします。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ