韓国美容整形手術後のおトクな税金還付やり方解説



税金還付の受け方

taxrefund

※税金返還の適用期間は2017年12月31日まで延長になりました

※韓国政府の指定病院のみ税金還付が受けられます
※2017年から空港の税金返還カウンターが移動したので注意してください

私は抜糸の日にID病院15階のラウンジにパスポートを持っていき、指定の紙にサインをして税金還付専用のレシートを受け取りました。
このレシートは必ず持っていてくださいね!

税金の返還率

taxrefund2
かえってくる金額は手術代金によって変わってくるそうですが、だいたい6~8%だそうです。

輪郭手術で150万円以上使ったときにこの制度があったらなあ・・・と思いました。
残念ながら私が骨を切ったときはこの制度がなかったのです(涙)

今回の鼻だけでも色々な手術をしたので約60万円、その分の税金なので結構な金額が返ってきます。

いまは円高に振れてきたこともあってか、通訳さんに教えてもらったのですが今週日本からの患者さんだけで両顎手術が4人もいたそうです。
両顎手術は手術費用も高いので、円高+税金還付で1年前にやった人たちよりざっと40万円くらいお得なんじゃないでしょうか・・・?

返還分だけで他の部位の手術まで出来ちゃいそうです。
改めて、為替って怖いなと思います(笑)何事もタイミングですね。

空港での手続き

韓国タックスリファウンドカウンター
市内で手続きを受けられる場合もあるそうですが、私は抜糸から出国まで時間がなかったので空港で行いました。

出国手続きをする前のチェックインカウンターの近くにも税金還付の簡易カウンターがありますが(上の画像です!)
そこではレシートの登録だけなので、実際にお金をもらう場所は出国後のカウンターになります。
私はすでに病院でレシートが登録されていたようで、ここのカウンターに並ぶ必要はありませんでした。

韓国美容整形税金返還

そして出国ゲートを通過した後にレシートとパスポートを係りの人に見せます。
カウンターは27番ゲートの近く、エスカレーターを登った上にあります。

ソウルタックスリファんド

私は支払い時はクレジットカードだったのですが、税金分は現金で返ってきました。
通貨は米ドル、韓国ウォン、中国人民元から選択できます。その他、中国の電子マネーでも受け取れるようです。
残念ながら日本円は選べません

この中では次回一番使う可能性があるであろうウォンを選択し、レシートに書かれた金額を受け取って終了です。
既に出国ゲートを出ており、離陸直前にウォンが手に入ったので使い道に困るかなと思いましたが、
税金還付カウンターの目の前にある免税店の化粧品で結構消えました(笑)
ただ免税店は米ドルでの支払いなので、米ドルを選択してもよかったかも・・・
いずれにせよ、税金還付の場所での為替レートがわからないのでウォンが一番安全かと思います!

残りのキャッシュは次回渡韓のときに使おうとおもいます。
すごく得した気分です^^

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ