韓国ID病院で輪郭手術(頬骨縮小術・Vライン骨切り)術後3,4日目



Id皮膚科でアフターケア

breakfast
おなかがすいて仕方ないので、術後4日目にして初の固形物(カステラ)を食べました。


甘いものを食べたのは久しぶりだったのでとにかく感動しました。
初日はうまく呑み込めなかったおかゆも食べれるようになったし、人間の治癒能力はすごいと思います。


シャワーや洗髪はVライン手術の場合翌日からOKなのですが、
頬骨を切開したもみあげ部分が濡れるのが怖くて、顔はふきとり洗顔だけにしています。

歯磨きは一週間後から可能とのことですが、
昨日我慢できず、歯間ブラシを使ってしまいました。

何も問題ありませんでしたが、やはり下の歯はマヒが残っており、浮いたような感じでモゾモゾします。

今日は手術後のID病院でのアフターケアを受けました。

アフターケアは手術を行ったのとはまた別の皮膚科のビルで行います。
店内はエステサロンのような雰囲気でした。

個室で顔全体をクレンジング、マッサージしてもらい、
Vラインのリフトアップパックをしながら腫れとりのレーザーを受けます。
腫れとりのレーザーは4日目、1週間目、2週間目すべて違うものでした。

触れるか触れないかくらいの優しいタッチでマッサージをしてもらうのですが、手術した後の輪郭にはぴったりです。
やはり頬骨のあたりはしびれていてビリビリします。

その後病院へ行き、院長先生と看護婦さんに口内の様子を見てもらいました。

術後4日も経つのに、腫れとのどの痛みのせいでまだ声が出せません。
それを伝えると、看護婦さんがのどの消毒液をくださいました。
乾燥するので、どうしてものどが痛いときだけ使って、絶対に飲み込んではダメといわれ、怖くてまだ使えていません。
声が出ないと院長先生に伝えると、「ん?出るはずだから出してみなさい^^」と笑顔で言われ、恐る恐る声を出したら意外と出せました(笑)

また術後検診で運動不足と言われたので、
今日はID病院と道路を挟んで目の前にあるカロスキルを散歩しました。

一番腫れが大きく出るといわれている術後3、4日目ですが、
想像していたよりは全然ましでした。
このくらいしもぶくれの人、結構普通にいると思います。

特に私はもともと肌がかなり黄色く
内出血があまり目立たないので、マスクなしでも違和感はありません。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ