韓国ID病院で輪郭手術(頬骨縮小術・Vライン骨切り)術後2日目



韓国でのダウンタイム

id輪郭手術2日目
顔中いろいろなところが血だらけで削除されそうなので、色を加工しました・・・

手術前に見た掲示板の書き込みには、痛くて薬が手放せないとかなんとか書いてあった気がして、かなり身構えていたのですが、、
なんと、目の手術をしたときよりも痛くないのです。

痛みはありませんが、バンドで強く圧迫されている不快感が強いです。
ホテルの部屋にコップ以外の食器がないのでダイソーに行ってお茶碗などを購入しました。

韓国の素晴らしいところは、私がこんなにパンパンの顔で圧迫バンドをしながら帽子もかぶらず歩いていても誰も気にしないところです。
満員の地下鉄に乗っても大丈夫です。ちらちら見られることもありません。
買い物をしても店員さんにつっこまれることもありません。

顔面は術後から特に大きな変化はありません。
ホテルの部屋に冷蔵庫と冷凍庫があるので、そこでマスクを冷やして使っています。

頬骨はマヒしているので感覚が何もなく、触るとびりびりして気持ち悪いです。
それ以外はすべて通常通りです。
顔面は少しグロいですが、不思議な事に痛みは一切ありません。

ショッピングに出かけました

GS25

韓国のコンビニには、このようにダウンタイムにぴったりな食材がたくさんあります。
ちなみにまだ口が小指一本分しかあかないので、固形物は食べられません。

痰が大量に出て、部屋のティッシュは使い切り、ごみ箱が2箱満杯になってしまいました。

鼻水なのか痰なのかよくわかりませんが、血の絡んだ液体が鼻からものどからも出ます。
鼻水をかむと顔面に力が入り、血管が切れて内出血や腫れがひどくなるといわれましたが、あまりにもつらいので軽く鼻水をかんでしまっています。

夜寝るときに体を倒すと痰が絡むので、上体を起こして椅子で寝ました。
顔はパンパンですが、圧迫バンドを外すと思ったほどではありません。まだ内出血も出ていません。

歯磨きができないのでうがいを二時間に一度しなければならないのですが、
唇が腫れているのでうがい液があふれてしまいます。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ