韓国id病院での輪郭手術8か月目!衝撃の骨切り整形後レントゲン写真公開



id病院にて整形手術後の経過観察に行ってきました!

idhospitalkorea_lounge
こちらはシンサにあるid病院の15階のラウンジからの景色です。
リニューアルしてまた綺麗になっていました^^

術前準備や手術当日の経過~輪郭整形レポまとめはこちらから
→ http://spam8888.com/category/korea_vline/


もうあの手術から八か月近くが経過し、特に気になるところはなかったのですが、
ブログのネタにレントゲンでも撮ってくるか!と思いつき、ソウルまで行ってまいりました。

私はチタンプレートの除去手術を受けていないので、思いっきりレントゲンに写っています。
他人にレントゲン写真を見られることなんて一切ないでしょうし、今はセラミックやインプラントの人も珍しくないですから、歯医者さんにも驚かれません。
私は今後このチタンプレートを抜く予定はないです!
(面倒くさいのでw もちろん抜去手術を受けたい方は術後6か月後から2年以内ならいつでも受けられますよ!)

美容整形チャンネル ブログ
最近はDMでもご相談や感想などたくさんいただいてとても嬉しいです。

こちらはなんと私と同じ韓国のID美容外科で手術をされる方から。
韓国輪郭手術ブログ


術前と術後のレントゲン写真比較

輪郭手術術後八か月
レントゲンだけだと、いまいちビフォーアフターが分かりづらいかもしれませんが、しっかりアゴやエラの長さがみじかくなっています。
向かって左下のエラからアゴにかけての長さを術前と比較するのが分かりやすいでしょうか?

経過観察では術前と同じ部屋で写真を撮り、その後3DCTを撮ります。
8か月前に担当してくださったのと同じカメラマンの女性でした(ちょっと怖かったので覚えてます笑)。

その後5分と経たないうちにカウンセリングルームにて先ほど撮影した写真を見せてもらいます。
もちろん修正などは一切していないと思います。そんな時間もないので・・

が!
id美容外科輪郭手術
横に並べてみるとあまりの差に衝撃をうけました。

今回、カウンセラーの方にこの美容整形ちゃんねるというサイトに載せることを話し、許可を頂いて写メを撮りました。
なので、画質が少し粗くすいません。

スタンプなしの画像は載せられず残念なのですが、
比較すると術後はなぜか目がとてもぱっちりしていました。頬骨を切ったら、目まで大きく見えるようになりました!

写真を見ると、なんだか術前のほうが顔がたるんで見えます。

まったくエラのない不自然な顔にはなりたくなかったので、そこはパクサンフン総院長先生にしっかり伝えたのが良かったと思います!
またアゴも私は鋭利なVラインよりも、自然なUとVの間くらいでとにかく顔を短くとつたえました。


ナチュラルにお願いしたのでそこまで超劇的な変化はないかもしれませんが、長年のコンプレックスが消えて大満足しています^^

骨切りをする前は数年間、何度も繰り返しエラにボトックス注射をしていました。
(関連記事→ 【画像あり】エラボトックス注射ビフォーアフター3か月後

初めてボトックスを打った時は小顔になって感動したものですが、そのうちたるみが気になるようになってきます。
そしてリフトアップもしました。これはある程度エラにボトックスを何度も打った人なら誰もが通る道だと思います;

いま手術して分かったことは、やはりボトックスには限界があるんだなあということです。
そしてエラ~アゴにかけての骨は自分が思うよりもかなり発達していたということがわかりました。

幸運なことにわたしはネット上でうわさされているような術後のたるみも一切なく、
通訳さんやカウンセラーさん、医師からも今リフトアップの手術はまったく必要ないと言っていただきました。

骨切りの手術で一番おそれていた後遺症がたるみだったので、とてもホッとしました。
今の技術だと、改良されているからたるみもそんなに出ないのでしょうか?

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ