韓国ID病院で輪郭手術(頬骨縮小術・Vライン骨切り)術後4か月!ついにたるみが・・



歯医者での珍事

骨切り手術術後口腔内傷

韓国id病院での骨切り輪郭整形から早くも4か月が経過しました。
口腔内の切開部分もこの通り、傷はほとんどわかりません(口の中を確かめる人もいないと思いますが・・・下の歯ぐきの下、横一直線に入っている筋の部分です)。

口の開け閉めなどは完全に手術前に戻りました。
見た目では3か月の時点とあまり変わらないので割愛します。

また、よく質問で聞かれるのですが私は両顎手術は行っていません!

Vライン(えら、あご)頬骨縮小の輪郭手術のみです。

術前は比較的しゃくれだったのですが、両顎手術をするほどではないと言われました。
(あごT字切開で骨を削り少し後ろに引っ張っただけでしゃくれは治りました)

ちなみにアゴ・頬骨などの手術部位は直接触ると変な感触はまだあります。
3か月の頃と比較すると顎下の痺れはなくなったので、まだ全体的に回復途中なのでしょうか?

上唇と下の歯の痺れが残っており、頻繁に唇を無意識に噛んでビクッとしますが他人には全くわからない悩みです。(八重歯の影響だと思います涙)
下の歯が虫歯になったらあの痛い局部麻酔注射なしで治療できるんじゃないかなーと楽観的に捉えています(笑)

実は先日、自分の顔面にチタンプレートが入っていることをすっかり忘れ、歯の治療で歯医者に行ったのです。
(id美容外科の場合、骨固定のチタンプレートを抜けるのは術後6か月〜2年位内なので、私はまだ入れっぱなしです)

撮ったレントゲンを見て「そういえば手術したんだった!」と思い出しました。

医師にレントゲンを見ながら「いつごろ手術されたんですか?」と聞かれたので、
「実は4か月前に韓国の美容外科でやりました」と答えると、

「骨のラインが綺麗ですね〜。」と褒められ、自分のことのように嬉しくなりました。

もしかして怒られるのではないかとビクビクしていたのでホッとしました。

その歯科医師によると、プレートが太くてラインも左右非対称のガタガタだったり
中には思わずどこの美容外科でやったのか聞きたくなるような術例もあるそうです。

輪郭手術の後遺症



楽天市場でランキングに入っていたこのクリームを買ってみました。
使用を始めていま1週間経ちますが特に変化なしです。長い目で見ないとダメなのかも・・・


先日、なんだかほうれい線の影が濃くなってきたような気がして美容外科に飛び込みました。
GWで飛行機も満席で韓国には行けず、予約が取れた近所の個人クリニックです。

もしかして輪郭整形の後遺症でついにたるんできたのではないかとパニックになってしまったのです。

そこで、実は韓国で骨切りの輪郭手術を受けたことや、昔リフトをしてもここの影が取れなかったことなどを話し、診察してもらいました。
すると・・・

私がたるみだと思っていたものは、色素沈着でした。
クマ、ほうれい線、唇の脇などには色素沈着してしまう体質の人が結構いるそうで、
それを直すために一番効果的なのはハイドロキノンなどの美白クリームだそうです。

しかし先生は「この色素沈着にハイドロキノンはきっと効くと思うけど、ハイドロキノンは劣化が早いからすぐに使い終わってしまう量しか渡せなくて、その度にここにきて買ってもらわないといけないからなあ」となんだか乗り気ではなさそうだったのでその流れで買わずに帰りました(笑)

ちなみにリフトアップ手術はまだ必要ないと言われました。よかったー・・・

効果があったら、またレポします!

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ