韓国ID病院で輪郭手術(頬骨縮小術・Vライン骨切り)術後3か月・骨切りの後遺症?手術で後悔していること



骨切り輪郭手術後の苦労



エステのフェイシャルはまだ怖くて行けていません。
ボディは再開していますが、お店のベッドが上の画像のように
顔の部分だけ穴の空いているものだったりすると頬骨あたりにちょうど負担がかかるので
うつ伏せで体重をかけるのが非常に怖く、背筋を使って顔を必死に浮かせています。

これは術前には予想していなかった悩みで、フェイシャルの1年契約をしてしまったので少し後悔しています(笑)

普段は頬(特にほうれいせんの上あたり)を触るとぶよぶよしますし、感覚がおかしいです。

ふとした瞬間に頬骨やこめかみあたりに片方ずつキリキリとした痛みが走ります。
低い枕で朝起きた時や下を向く時に顔面が重く、これからさらに引き締まっていく部分だと思われます。

唇が片方痺れているのでご飯を食べるときによく上唇を噛んでしまい、口内炎になってしまいました(涙)

韓国骨切り輪郭手術後遺症

他人から見たらわからない部分ですし、手術したことに後悔はありません。
6か月でほぼ完成と言われている中で、ようやく約半分の折り返し地点まで来ました。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ