韓国id美容外科でバービーライン鼻整形【手術当日】



鼻手術当日の流れ

idhospitalbeforesurgery
デザインをした後、更衣室でコソッと撮りました(笑)

まずは病院に行ってお会計を済ませます。
カウンセリングのときに手術枠を確保するための予約金は支払ってあったので、差額を入金するだけです。
私は現金を両替していなかったので、輪郭手術のときと同様、日本のクレジットカードで支払いました。

手術費用は税込み価格なので、出国時に税金の分がいくらか返還されて差額が戻ってきます

また費用は麻酔(静脈や全身も)、検査費用(レントゲン、3DCT、血液検査)、院内通訳など込みの料金です。
事前に手術を決めている場合は空港までお迎えにも来てらえます。
私は今回鼻だけだったので入院は無しでしたが、輪郭手術で病院に入院するときも費用はかかりませんでした。

手術は午後3時からでした。
その前に医師とデザインの最終確認をして手術に挑みます。ここでも私はギリギリまで悩みました・・・
輪郭は比較的どうにかなるか!という心持だったのですが、鼻は顔面の中心ですから慎重になります(涙)

そしてオペ室に移動し、通訳の方と雑談をしている間に静脈麻酔が入り、ふと目覚めると午後6時。
もう手術は終わっていました。どうやらまた寝ぼけてブツブツと妄言を言っていたそうです・・・静脈麻酔を打つとどうしても独り言がとまらなくなる性格です。

お薬セット

ID鼻整形薬

その後処方箋をもらい、薬局に行って薬を買います。
薬代は41000ウォンでした。

輪郭手術のとき(参考記事→韓国ID病院で輪郭手術(頬骨縮小術・Vライン骨切り)術後1日目)にいただいたのと同じアイマスクがついてきた!
日本から冷えピタを持参したのですが、必要なかったです。

その日は前日の夜から断食をしていたので、夜は遅い時間に一人でご飯を食べに行きました。

麻酔が切れそうになる前のタイミングで処方された薬を飲んだためか、
タクシーで帰っている途中も結構揺れましたが痛みはありませんでした。

手術当日なので流血はありましたが腫れはそんなに出ておらず、十分に楽しんでホテルに帰りました。
その後は爆睡しました^^;
輪郭手術をしたときにおいしい韓国料理を食べられなかった反動で、いま一食一食を大事に日々過ごしています。

バービーライン鼻整形経過記事一覧
【カウンセリング・料金・指名医師】
【手術当日】
【術後2.3日目】
【術後1週間】
【術後2週間】
【術後1か月】
【術後3か月半】

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ