【たるみ改善】口笛がうまくなる方法【ほうれい線が消える】



老化防止にダイエット効果まで!いいことだらけの口笛

30356c4
口笛と言えば、幼い頃に家族から「夜に口笛を吹いてはいけない」などと言われていましたよね?
しかしその口笛に、実はアンチエイジング効果があったのです!

ほうれい線が深くなってきたり、口元のたるみやあごのたるみが気になったり。
加齢とともに、男女かかわらず多くの部分がたるんできてしまいます。

実はその顔のたるみに大きく関係しているのが口輪筋という部分です。
そしてこの部分を鍛えるのに、口笛がとても有効だということがネット上で話題になっています。

それだけではなく、口笛を吹くときに、人は腹式呼吸をします。腹式呼吸は、内臓の働きを活発にしてくれるといわれています。
発声練習などでもよく腹式呼吸が重要だといわれますよね。

そして、なんと口笛はウォーキング等と同じ有酸素運動になるのです。
そのためダイエット効果も期待出来るということです。

たるみがなくなってさらにダイエットとなれば口笛はいいことずくめですね!



こちらは口笛世界選手権で天才的な口笛スキルを披露してくれた日本人の少女です。
口笛でアンジェラアキさんの手紙など、本来、口笛で出すのは難しい高音も綺麗に吹いています。これは感動します!


口笛がうまくなる方法

大規模整形後遺症

口笛の練習方法はさまざまですがそこまで本格的でなくても空いている時間に少しでも多くの時間を口笛に費やせると良いですね。

自分の演奏を携帯の動画撮影なので実際に聴いてみて、きちんとピッチがあっているか音が出ているかをチェックするのもひとつの方法です。
また口笛サークル(同好会)や口笛のレッスンを行っている方もいらっしゃるのでそういう方に直接弟子入りするのも有効です。

残念ながら、音痴な人は口笛もヘタな人が多いようです。逆にカラオケなどで歌が上手いと褒められる人は口笛も、上手になる可能性が高いと思われます。


歌の練習をすることが、口笛の上達にもつながるというわけです!

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ