不妊治療中の女性、ボトックスを打つと妊娠出来ないって本当?!



説明書には書いてあるけれど…


妊娠中や妊活中で休職していて、比較的長めのダウンタイムが取れるうちに
美容整形を終わらせてしまいたい!という方もいらっしゃると思います。

しかし、現在多くの美容外科では妊娠中の美容整形手術は断られてしまうようです。

美容外科や美容皮膚科でボトックス注射(ボツリヌストキシン)を打つと、
施術前の確認事項に「注射後約3ヶ月は避妊をしましょう」と書いてあります。

これは小顔効果のためのエラボトックス注射、シワを伸ばすためのボトックス注射などすべて共通です。
しかし、なぜボトックスには「約3ヶ月の避妊」が必要なのでしょうか?

ボツリヌストキシンの毒


ボトックスは、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦への投与は禁忌とされています。

理由は美容に関してのボトックス治療の歴史はまだ浅く、妊婦、授乳婦に対する安全性が確立していないからだそう。
また、胎児は薬剤の影響を受けやすいため、
いちおう「毒」であるボトックスは危険性があるといわれているようです。

ちなみに、ボトックスの商品に添付されている使用上の注意には

・妊娠する可能性のある婦人は、投与中及び最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する
・男性は、投与中及び最終投与後少なくとも3ヵ月は避妊する


と記されています。

男性は精子の形成される期間にボトックスが投与されることを避けるため、
3ヶ月という数字になっているようです。

妊娠期間中にボトックス治療をしていても問題なく妊娠、出産できたという報告は多数あがっていますが、
念のため妊娠中や妊娠希望の女性・男性はボトックスを控えておいたほうがいいでしょう。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ