韓国では「卒業アルバムの写真撮影のために整形」は当たり前?!



一生残るものだからこそ!

剛力アヤメ卒アル
毎年韓国では10月前後にかけて大学生の卒業アルバムの写真撮影が行われます。

「卒アル」といえば、日本でも卒業後に同窓会や結婚式などで何度も見直すことのある重要な写真ですよね。
そこで、韓国の大学生たちは誰よりも綺麗な自分が写った卒業写真を残すため、美容整形に大金を使っているそうです。

ソウルでは10月前後、卒業アルバムの撮影シーズンのピークになると、なんと2万円以上のメイクアップコースが大人気で連日満員。
「男女を問わず、卒業写真の撮影前に高級美容サロンに行くことは当たり前」と語る大学生もいます。

自撮りだけではなく、他撮りでも綺麗にうつりたい



また、以前から高級メイクアップは当たり前のように行われていましたが、最近ではメイクだけでは物足りない学生たちがこぞって美容整形外科を訪れ、卒アルの写真撮影の前に整形を行うことも少なくないそうです。
韓国では卒業アルバムの写真のために大金をつかうことはトレンドとなっていて、「やらない方が変、乗り遅れている」というイメージになっているそう。

「自撮り棒」「セルフィースティック」と呼ばれる棒や一眼レフを持ち歩く「セルカ」の聖地韓国では、1枚の写真にかける情熱は日本よりもアツいようです。

sponsored link

    美容整形マニアの実体験ブログ

このページの先頭へ